メンタル障害は環境で改善される

メンタル障害を持つ事は決して恥ずかしい事ではありません。
しかし現状では、メンタル障害を抱えている事はいけないこと、など見られがちで、つい隠してしまうようです。
メンタル障害を抱える人達にはどのような環境での改善が好ましいものなのでしょうか?考えてみましょう。
【メンタル障害は恥ずかしい病気ではない】
メンタル障害は、うつ病だけではなく、パニック障害や対人恐怖症など様々な症状があり、個々でレベルなども違います。
重度の患者もいれば軽度の患者もいます。
また、日によって軽度であったり、重度の症状が出てしまうなど、とても難しい病気なのです。
こんな病気だからこど、メンタル障害を持っているとつい恥ずかしいと思ってしまう人もいるようです。
また、家族に患者がいれば恥ずかしい、隠そうと思ってしまう人もいますが、それは間違ってアイデアです。
【メンタル障害は人の理解で救われる】
メンタル障害を抱える人は、自分のせいで家族が辛い思いをしてしまっている!などさらに深刻に考えてしまい症状を悪化させてしまう傾向になります。
だからこそ、家族としっかり向き合って、改善させる為のよい環境を作っていかなければいけません。
家族もメンタル障害を持っている人の気持ちをしっかりと汲み取り、改善させる為に出来る努力が必要なのです。
そこで周囲との理解が必要になってきます。
隠すのではなく、押しつけるでもない、周りとの理解が改善への扉になります。
時にはプロザックなどの薬で対応をしながら、一緒に気分転換するなど環境作りも改善させてみましょう。
【メンタル障害改善には環境作りが大事】
メンタル障害を抱えてしまうと長期戦の看病になります。
だからこそしっかりと家族で向き合って、よい環境を作っていけるようにしましょう。

関連する記事